金型119番,恵那三洋製作所は精度の悪くなった金型を修理,改善,メンテナンス致します。成型会社の業務改善,コスト削減はお任せください

恵那三洋製作所とは

株式会社恵那三洋製作所は、昭和58年創業以来、プラスチック射出成形用金型の設計製作を展開してまいりました。
また近年の製造環境のボーダーレス化に伴い、金型の修理・改善・改造・メンテナンスで成型会社のコスト削減コンサルティングサービスを展開しております。

サービス名称「金型119番」は、お客様の現場を歩き、見て、聞いて生まれた弊社オリジナルの金型メンテナンスサービスです。
特に海外生産の金型は、精度が落ちてくるとアフターフォローがないことで現場は大変な労力を使うことになります。
私どもの「金型119番」サービスを利用いただければ、新しい金型を再生産させることなく、精度向上、生産性向上、寿命アップで結果的に大幅なコスト削減効果が期待出来ます。
金型でお困りの成形会社の皆様、ぜひご相談ください。


喜んでいただける金型をいつもお届けしたい

恵那三洋製作所加藤社長ホームページへようこそ訪れていただきました。ありがとうございます。
株式会社恵那三洋製作所、代表取締役、加藤範昭(かとう のりあき)です。
少しだけ自己紹介をさせてください。
私は高校卒業後、縁あって愛知県名古屋市の株式会社三洋製作所で金型職人の修業をしました。
当時はオイルショック直後の不況がございましたが、日本のモノ作りを支えた金型製作業は力強い成長をしておりました。
良い時代だったです。
若い私は現場でモノ作りの達成感を味わいました。
ドラフターで設計図面を引き、納期を守るために徹夜もしました。
納品、試作を繰り返し、ついに製品が量産された時の喜び。
お客様と共にモノ作りを達成した喜びは格別のものでした。

10年間の忙しくも充実した修行時代を過ごし、昭和58年に株式会社恵那三洋製作所を設立、起業しました。
設立以来、もう27年の歳月を過ごしてきました。
数えてみるとなんと1800以上の金型をお客様の元へお届けしてきました。

時代は移り、日本のモノ作りが海外に押されています。
金型業界もグローバル化で海外製の金型が輸入されております。
国際競争に打ち勝つためのコスト削減の一環でしょう。
しかし金型はご存知のとおり、作ったらオシマイということはありません。
海外製の金型が輸入されるようになってから、こんな問い合わせをいただくようになりました。

「製品精度が出なくなった。なんとかならないか」

金型業界の常識として、誰でも他社がやった仕事というのはお手伝いしにくいものです。
設計思想から材質選び、考え方が違いますので手を出しにくいのです。

一方で20年間も現役でショット数を重ねる金型があります。
大切にメンテナンスをして、稼ぎ続けてくれる金型。
金型は日々のメンテナンスで寿命は伸びてくれるものなのです。
株式会社恵那三洋製作所は、2010年度岐阜県の経営革新事業「金型の維持メンテナンス業」を取得合格しました。
他社金型、海外生産金型でもメンテナンス次第で、寿命をのばすことが出来ます。
現場でお困りの工場長さんたちが一刻も早く安心して頂けるように。
また人間の健康診断と同じように金型の健康診断でリスクを最小化できるように。
このサービスを「金型119番」と呼称しました。
プラスチック射出成形メーカーの皆様、金型のメンテナンスをアウトソーシングしてコスト削減できるチャンスです。
精度の良い金型で作ることこそ、本当のコスト削減を達成でき、国際競争力に繋げることが出来ると確信しております。
恵那三洋製作所加藤社長


恵那三洋製作所のスライドショーです。
私たちの日常の姿、御覧ください。再生ボタンを押してください。
株式会社恵那三洋製作所
金型119番 担当 
加藤 大(かとう だい)
〒509-8231
岐阜県恵那市中野方町2690
電話 0573-23-2228
FAX 0573-23-2863
Mail 
d-kato@enasanyossc.co.jp



【営業地域】
岐阜県
恵那市,中津川市,瑞浪市,土岐市,多治見市,岐阜市,羽島市,各務原市,山県市,瑞穂市,本巣市,大垣市,海津市,関市,美濃市,美濃加茂市,可児市,郡上市,下呂市
愛知県
名古屋市,愛西市,あま市,一宮市,稲沢市,犬山市,岩倉市,大府市,尾張旭市,春日井市,北名古屋市,清須市,江南市,小牧市,瀬戸市,知多市,津島市,東海市,常滑市,豊明市,日進市,半田市,弥富市,安城市,岡崎市,刈谷市,高浜市,知立市,豊田市,西尾市,碧南市,みよし市,豊橋市,豊川市,蒲郡市,田原市,新城市
三重県
いなべ市,桑名市,四日市市,鈴鹿市,亀山市
長野県
飯田市,伊那市,駒ヶ根市,大町市,木曽郡

他地域の場合はご相談ください