年末特別警戒

毎年年末になると、地元消防団の夜の年末特別警戒で地域を見回っています。

一応、私も消防団員ですので、本日出動です。

年末特別警戒とは、年末の夜10時から朝まで、交代で地域を巡回し、安全をチェックすることです。

正直、必要かどうかは微妙なとこですが...

 

恵那市のような地域面積が広くて、市民数の少ない地域では、消防団は特別な意味を持ちます。

消防署から距離があるため、火事場にいち早く駆けつけ、初期消火活動はもちろん

人探し、あらゆる災害の時の支援など様々です。

今年の夏のゲリラ豪雨では、土砂災害・床下浸水などが複数発生し、消防団が徹夜で対応しました。

消防団は皆、本業(仕事)を抱えながら任務に当たっています。そのため、二足のワラジは大変ですが、

消防団の活動が、皆の交流の場として(仕事の情報交換)として役に立っている側面もあります。

年齢が一回り以上離れた人と話す機会はあまりありませんから、いろいろ勉強になることもあります。

では、一晩みんなとのお話を楽しみながら、警戒に当たって来ます。

 

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.enasanyossc.co.jp/mtcgi/mt-tb.cgi/31

コメントする

このブログ記事について

このページは、金型119番の恵那三洋製作所が2010年12月27日 20:08に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「本日は臨時営業」です。

次のブログ記事は「新春到来!」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

  • images