image_Rhino50_pkg.gif

新規CADを導入検討しております。

製品名は『Rhinoceros』

このソフトは15万円程で購入が出来ます。

基本的にサーフェス系のCADですが、この価格にしては性能が抜群に良い!

 

今後、無料セミナーに参加する予定です。

 

導入に至りましたら、ご報告いたします。

 

 

 

 

 

Sodick AQ600L

新規ワイーカット機の導入

ワークの厚みが300mmまで対応可能!

リニアなのでスピードもup!

aq600l.png

本日8月3日付けの中部経済新聞に「金型119番」事業の記事が掲載されました。

 

恵那三洋製作所が金型トラブル解決へ修理、メンテ事業を開始

更新日:2011年 8月 3日 (水)

 樹脂成形金型を手掛ける恵那三洋製作所(本社恵那市中野方町2690、加藤範昭社長、電話0573・23・2228)は、新規事業として金型の診断から修理、メンテナンス、改造に応じる「金型119番」事業を開始した。東海3県および長野県南部をエリアに展開。プラスチック射出成形用金型の劣化や破損の改修で寿命を延ばしたり、改造によりコスト削減を提案する。  (中部経済新聞ホームページより)

 

上記のような内容で新聞に出ています!!

 

早速、各方面の方々より お問い合わせの電話が届いております。

 

改めて新聞の影響力を感じるとともに、この「金型119番」の必要性を再認識しております。

 

先日、美濃市にあるK社さんから、ご相談頂き、早速訪問させていただきました。

K社さんはインサート成型を得意とされる老舗の成形メーカーさんです。

特に多数個取りの製品が多く、とても数が出るため、金型の耐久性、精度維持は大変の様でした。

今回は、16個取りガラス繊維50%樹脂のホットランナーの金型のトラブルです。

ホットランナーが詰まってしまって、8個しか成形できないとの事でした。

いざ到着して、金型を開いてみると、金型から、樹脂があふれていました。

なんとか、8個は成形出来ていますが、金型がパンクするのも時間の問題という状況です。

場所をお借りし、まずはあふれかえって固まった樹脂を少しずつはがし、掃除をさせていただきました。

結果、ホットランナーの部品が破損して、樹脂がつまり、樹脂漏れを起こし、あふれかえっていることが判明しました。

原因が分かればあとは簡単です。ホットランナー業者さんと相談して、部品の交換で直しました。

 

本日、K社さんを訪ねると16個順調に成形が出来ていました。

社長も少し予定より費用がかかってしまったが、順調に成形出来ていることに満足頂いている感じでした。

 

このように、社内ではどうしたらいいかわからない、とお困りの方は金型が使い物にならなくなる前に是非弊社に一報ください。

お役に立てる範囲内で、対応させていただきたいと思っています。

 

久々のブログになってしまいました。

まず、この度の東日本大震災で、お亡くなりになった方々に心からご冥福をお祈り申し上げます。

そして、被災されたすべての人々にお見舞い申し上げます。

 

いま日本は混乱しています。その原因は震災そのもので起こっている問題と、2次災害ともいえる原発の問題でしょう。

今までに体験したことのない津波の恐怖と、原発の恐怖。

現場はまだまだ、先が見えず復興という言葉すら発するのも躊躇するような状況だと思います。

日本中の人々が何をするべきか、どんな行動に出るべきか考えているのではないでしょうか。

 

震災にあっていない我々のするべきことは数多いと思いますが、被災していない我々がまず復興を手助けしていかなければいけないと思います。

そのためには、経済を維持する、日本を沈没させないことが大事だと思います。

消費をどんどんして、お金を回しお金を作っていくことが大切だと思います。

現場では、今はお金なんかよりも、もっと必要なもがあると思いますが、いつか力強い経済力が被災地を助けることになると思います。

 

現在、弊社でも、震災の影響で、物が届かないなどありますが、会社の経営に影響があるほどではありません。

こういう時だからこそ、お困りのことなどあれば、営業地域以外でもぜひ弊社にご相談ください。

皆様困っている方々の力に少しでもなれればと思います。

 

 

 

日本のGDP、22年は中国に抜かれ世界第3位に

産経新聞 2月14日(月)9時18分配信

日本のGDP、22年は中国に抜かれ世界第3位に
拡大写真
上海中心部のオフィス街。急成長してきた中国企業が収益力を拡大している(写真:産経新聞)
 内閣府が14日発表した平成22年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は政策効果の剥落(はくらく)などにより、物価変動を除いた実質で前期比0.3%減、年率換算では1.1%減と、21年7~9月期以来5四半期ぶりのマイナス成長となった。名目は0.6%減で実質が名目を下回る名実逆転は3期連続となった。

 一方、同時に発表された22年のGDPは、実質が3年ぶりプラスの前年比3.9%増、名目も1.8%増となった。エコカー補助金などの経済政策に支えられて、GDPの約6割を占める個人消費が伸びたことが寄与した。

 10~12月期が名目・実質ともマイナス成長となったのは、12月の家電エコポイント制度変更前に駆け込み需要があったものの、9月のエコカー補助金終了後の自動車販売の伸び悩みなどから、個人消費が0.7%減となったことや、輸出も、円高や中国の利上げの影響などから伸び悩み、7四半期ぶりマイナスの0.7%減となったことなどが要因。

 22年GDPの国際比較では、内閣府試算で、日本の名目GDPは5兆4742億ドル(約479兆2231億円)、中国は約5兆8786億ドルで、日本はGDP世界第2位の座を中国に明け渡した。
 
 

産経新聞に上記のような記事が載っていました。 
GDPで中国に抜かれようと何が変わるわけではないですが、なにか寂しい気がします。
とはいえ、隣国中国のこの成長は素晴らしく、東アジア地域経済の発展を日本としてプラスにしていかなければならないと思います。
 
また、一人当りのGDPでは日本が17位、アメリカが8位、ドイツが16位、韓国が37位、中国が98位です。
この順位を見ると、中国の貧困の差が激しいことがわかります。また、急成長しているインドもGDPは10位ですが、インドが140位となっています。やはり、中国もインドもまだまだ成長する国だと感じました。
 
GDPの推移を見ていて感じたことですが、韓国の凄さです。日本を含め、欧米はリーマンショックの影響をまともに受け、2009年はGDPが減少しています。しかし韓国は成長を続けています。これは、韓国の国民性にあるのではないでしょうか?経済状況に関わらない、国民の消費意識の高さです。日本人はすぐに経済状態が悪くなると財布のひもを固く締めてしまいます。
 
今後は欧米をお手本にするばかりではなく、隣国、韓国中国を一つのお手本にをすることも必要でだと思いました。
 

今年に入って新年のご挨拶以降ご無沙汰になってしまいました。

言い訳をするとしたら、少しバタバタしていた。でも、ブログの更新する時間は十分にあったはず...更新をいったんとめると、なかなかまた書き出せないもんですねー。

 

さて、最近修理の金型依頼が増えております。

その中で断トツで多いのが、破損です!!

特にスライド関連

・スライドとエジャクタピンの干渉による破損

・アンギュラピンとスライドの干渉による破損

・スライドの作動不良

そんな案件を最近多く頂きます。

もちろん量産中の故障ですので、修理の時間もありません。

スライドは褶動する部品です。どうしても何万回と作動していると、動きが悪くなります。

なかなか壊れる前にメンテナンスするというのは難しい問題ですが、

ぜひ、ひとつ腰を上げて頂いて、弊社にメンテナンス依頼お願いします。

弊社では褶動部のクリーンアップ・メンテナンスはもちろんリミットスイッチの確認など、故障を未然に防ぐお手伝いをさせていただきます。

 

新年、あけましておめでとうございます。
本日から2011年のブログスタートです。
 
皆様、お正月はどのように過ごされましたか?
私は大晦日は実家で年取り
元旦は妻の実家で過ごし
3.4日と家族8人で祖母の喜寿のお祝いということで、河口湖の温泉に行ってまいりました。
110104_064736.jpg
新年早々 富士山から パワーを頂きました。
・・・でも富士山が見えたのは朝の数時間、あとはずっと雲の中でした。
 
しかし、富士山は不思議ですね、何とも人を引き付ける力があります。
今年こそは、その頂上に挑戦します。

毎年年末になると、地元消防団の夜の年末特別警戒で地域を見回っています。

一応、私も消防団員ですので、本日出動です。

年末特別警戒とは、年末の夜10時から朝まで、交代で地域を巡回し、安全をチェックすることです。

正直、必要かどうかは微妙なとこですが...

 

恵那市のような地域面積が広くて、市民数の少ない地域では、消防団は特別な意味を持ちます。

消防署から距離があるため、火事場にいち早く駆けつけ、初期消火活動はもちろん

人探し、あらゆる災害の時の支援など様々です。

今年の夏のゲリラ豪雨では、土砂災害・床下浸水などが複数発生し、消防団が徹夜で対応しました。

消防団は皆、本業(仕事)を抱えながら任務に当たっています。そのため、二足のワラジは大変ですが、

消防団の活動が、皆の交流の場として(仕事の情報交換)として役に立っている側面もあります。

年齢が一回り以上離れた人と話す機会はあまりありませんから、いろいろ勉強になることもあります。

では、一晩みんなとのお話を楽しみながら、警戒に当たって来ます。

 

本日は弊社のカレンダー上は、休みなんですが、納期が迫っている案件が多かったため、臨時で営業しております。

こんな時代に忙しくさせていただいているのは、皆様のおかげです。

 

さて、先日 近くの同業者様におじゃまして工業長と話していたところ、こんな話になりました。『とにかく恵那・中津川に仕事を取ってくるんだ。どんどん取ってきて社内で出来ない分は近くに同業者がたくさんあるから、みんなで協力してやればいい』とおっしゃっていました。

お話をきいて、何か胸が高鳴る思いでした。

とってもいいことですよね。

近くの同業者はライバルです。でも仲間なんです。

みんなで地域の物つくりを盛り上げれば、地域も潤うし、地域外からも注目を集めます。

弊社も地域の一員として、地域から利益を頂き還元していく会社で有り続けたいと思いました。

最近のコメント

アイテム

  • image_Rhino50_pkg.gif
  • aq600l.png
  • 110104_064736.jpg
  • img_da_06.jpg
  • 画像 041.jpg
  • 画像 047.jpg
  • 画像 042.jpg
  • 画像 045.jpg
  • 画像 046.jpg
  • Water lilies.jpg

ウェブページ

  • images